自己紹介

Duo QuenArpa デュオ・ケーナルパ  ★湯川れい子さんも賛辞 デュオ・ケーナルパ、なかなか良い組み合わせですね。運命的な出逢いでしょうか。 《広い河の岸辺》の日本語も本当に良いですね。長く歌い継がれていくでしょう。 湯川れい子(音楽評論・作詞) 2009年7月に、ケーナ奏者/八木倫明(やぎりんめい)と、歌うアルパ奏者/池山由香(いけやまゆか)によって結成。南米アンデス地方先住民の縦笛ケーナ。ヨーロッパ人が南米にもたらしたハープを模して先住民が生み育てた楽器アルパ。機能性をもとめて複雑化していったヨーロッパの楽器に対し、最低限のシンプルさで何百年も変わることなく続いてきた二つの楽器は、同じ南米の楽器ながら一緒に演奏されることはめったにない。異文化の民族楽器と歌声が織りなす絶妙な音と風の織物。地球市民の民族音楽。新しい可能性を求めて、地球の風、平和の風を奏でるデュオ。 2011年2月TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』に出演。 ●八木倫明 YAGI Rimmei  (ケーナ、ナイ、アイリッシュ・フルート) 1958年生まれ。早稲田大学商学部卒。在学中はヤマハ目黒吹奏楽団に在籍。卒業後の1982年、フルートから独学でケーナに転向。1987年から異文化融合民族音楽としての「地球音楽」の演奏を開始。尺八、マリンバ、コントラバス、各種打楽器などを交えた異文化アンサンブルを結成して活動を始める。2006年〜2010年、ギタリスト、尺八奏者とともに、風絃トリオ〈空〉で活動。これまでに、東京文化会館、めぐろパーシモンホール、光が丘IMAホール、東京オペラシティ近江楽堂、逗子市文化プラザ、千葉市美浜文化ホール、大阪府立ドーンセンター、前橋テルサホール、さいたま市プラザウエストなどで演奏。 ●池山由香 IKEYAMA Yuka  (アルパ、ヴォーカル) 1985年生まれ。小学生時代にアルゼンチン・ブエノスアイレス市に移り住み、アルパ(インディアン・ハープ)に出会う。メキシコ大使館主催パーティーや新星クラブコンサート、都内小・中・高等学校などで演奏。これまでにチョチン・バルブエナ、チューチョ・デ・メヒコ、マルシアル・ゲレロの各氏に師事。また、声楽の分野では大学在学中にベートーヴェン《合唱幻想曲》アルト・ソロ、シューベルト《冬の旅》演奏会等に参加。スイス、ローザンヌ歌劇場日本公演の児童合唱指導アシスタントを務める。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。現在、桐朋学園大学声楽科研究生として在籍。(社)日本パラグアイ協会・アルパ振興委員会会員。日本では数少ない貴重な、歌うアルパ奏者。

フレンド

フレンド:
0人
お気に入り:
0人
ファン:
3人

利用サービスの購読

livedoor Blog 最新記事

Loading...