自己紹介

観世流能楽師(能楽のシテ方 演者) 日本能楽会会員(重要無形文化財 能楽 (総合認定)保持者 幼少より子方を勤め、東京神楽坂の矢来能楽堂で修行し、観世喜之一門の一人として、能楽公演や様々な講座、ワークショップ、コラボレーション舞台に出演。自身のプロデュース、演出の舞台もあり、千以上の舞台に参加している。 毎月、観世九皐会の定期公演に出演。 能楽の重習曲、乱、石橋、道成寺、望月,安宅,砧など披瀝。 また、能楽指導者として、東京中野区、練馬区、埼玉県所沢市,新潟県、秋田県などで指導と普及活動をしている。 遠藤喜久の会主催 能楽花舞台プロジェクト代表 。 (公社)観世九皐会 能楽協会所属 日大芸術学部卒業 父、故遠藤六郎(重文総合) 兄、遠藤和久(重文総合)も共に能楽師として活動。 所沢航空公園にある所沢ミューズでは、例年7月8月の2ヶ月間の能楽体験講座として、仕舞や謡いの舞や発声を訓練し、最終日に劇場発表をし、好評を得ている。のべ600人以上が体験した能楽ワークショップの講師として、小学生から成人まで、幅広く能楽体験を指導しているので、興味ある方は是非劇場に問合せ下さい。

能楽ENDOWS STUDIO

フレンド

フレンド:
0人
お気に入り:
0人
ファン:
12人

利用サービスの購読

アイテム表示エリア

アイテムが登録されていません

アイテムを登録するとlivedoor Blog、Twitterなど、あなたが使っているいろいろなサービスをまとめて表示することができます。アイテムをどんどん追加して、あなたのプロフィールを充実させましょう。

「livedoorブロでもプロフィールをアピールできる!」「色々なサービスの利用状況をまとめて表示できる!」「livedoor以外のサービスも簡単に公開できる!」