自己紹介

1944年奈良県生まれ。明治大学文学部・政治経済学部卒業。大阪教育大学特殊教育特別専攻科修了。大阪教育大学専任講師(聴覚・言語障害児教育)、龍谷大学非常勤講師(ソーシャルワーク演習)、大阪教育大学非常勤講師(特殊教育特別専攻科)などを経て現在、伊藤伸二ことばの相談室主宰。日本吃音臨床研究会会長。言語聴覚士養成の大学や専門学校で吃音の講義を担当。 小学2年生の秋から吃音に強い劣等感をもち、1965年にどもる人のセルフヘルプグループ言友会を設立するまで吃音に深く悩む。長年言友会の全国組織の会長として活動するが、1994年に言友会から離脱し、どもる子どもの親、臨床家、研究者などが幅広く参加する日本吃音臨床研究会を設立。NPO法人大阪スタタリングプロジェクトでセルフヘルプグループとしての活動も続けている。1986年に第一回吃音問題研究国際大会を大会会長として開催し、世界44カ国が参加する国際吃音者連盟の設立にかかわる。3年に一度の世界大会の開催に関わり、第9回クロアチア大会、第10回オランダ大会では基調講演。現在、国際吃音者連盟の顧問理事。 セルフヘルプグループ、論理療法、認知行動療法、交流分析、アサーション・トレーニング、森田療法、笑いとユーモア、演劇教育、アドラー心理学、ゲシュタルト・セラピー、サイコドラマ、ナラティヴ・アプローチ、竹内敏晴からだとことばのレッスンなどを活用し、吃音と上手につき合うことを探る。 近年、ナラティヴ・アプローチをベースに、当事者研究、レジリエンス、オープンダイアローグなどを生かした、「吃音哲学」を提唱している。吃音哲学をもとにした、「親・教師・言語聴覚士のための吃音講習会」、「新・吃音ショートコース」、「吃音親子サマーキャンプ」、「吃音相談会や講演会」などを開催している。 著書に、『両親指導の手引き書41-吃音とともに豊かに生きる』(NPO法人全国ことばを育む会)、『治すことにこだわらない、吃音とのつき合い方』(ナカニシヤ出版)、『知っていますか?セルフヘルプグループー問一答』『知っていますか?どもりと向きあう一問一答』『どもる君へ いま伝えたいこと』『親、教師、言語聴覚士が使える 吃音ワークブック』(解放出版社)、『話すことが苦手な人のアサーション-どもる人とのワークショップの記録』『やわらかに生きる~論理療法と吃音に学ぶ』『ストレスや苦手とつきあうための認知療法・認知行動療法~吃音とのつきあいを通して』『吃音の当事者研究-どもる人たちが「べてるの家」と出会った』(金子書房)など多数。

フレンド

フレンド:
0人
お気に入り:
0人
ファン:
8人

利用サービスの購読

livedoor Blog 最新記事

Loading...