livedoor プロフィール 終了のお知らせ

平素より、livedoor プロフィールをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2018年1月31日(水)をもちまして「livedoor プロフィール」を終了させていただくこととなりました。

これまでご利用くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

「livedoor プロフィール」の一部機能につきましては、「ライブドアブログ」でも利用いただいておりますので、ライブドアブログに関係のある機能については引き続きご利用いただけるように、サービスの移管を行います。

詳細につきましては、下記の開発ブログでご確認くださいますようお願い申し上げます。
【重要】 livedoor プロフィール 終了のお知らせ - 開発ブログ


■ データのエクスポートについて
「メッセージ送受信機能」「拍手コメント機能(*1)」については、サービス終了時に提供を終了させていただきます。
ご希望の方はサービス終了日前日までにデータの保存をお願いします。
文字コードはUTF8です。

受信メッセージをダウンロードする(ログイン必須)
送信メッセージをダウンロードする(ログイン必須)
拍手コメントをダウンロードする(ログイン必須)

(*1)拍手コメント機能を除く、拍手機能はライブドアブログへ移管しますので引き続きご利用いただけます。

自己紹介

池田 香代子 (いけだ かよこ) ドイツ文学翻訳家・ 口承文芸研究家。

フレンド

フレンド:
0人
お気に入り:
1人
ファン:
43人

利用サービスの購読

履歴

1948年 東京・杉並に生まれた。
いっとき移り住んだ小平市で、教会幼稚園に通った。
杉並に戻り、松苔幼稚園に入った。入園試験の日、東京は大雪だった。
区立東田小学校の1年生のとき、父を自死により失った。
区立宮前中学校には、吉祥寺行きの関東バスで通った。
都立西高等学校にも同じバスで。降りる停留所はひとつ遠くなった。
東京都立大学では独文学科に進み、翻訳のアルバイトを始めた。

1975年 名古屋に移り住んだ。

1976年 78年まで、エアランゲン大学(旧西ドイツ)に留学した。その間に、グリムのメルヒェンと出会った。

1981年 東京に戻り、再び杉並の住人になった。
いくつかの大学などでドイツ語の非常勤講師をしながら、翻訳やグリムメルヒェンの研究をしていた。

2000年 暮れに、住まい兼仕事場の「ドーモ・タペンサ」に移った。
2001年 3月、デスクワークに専念するため、早稲田大学を辞した。
9月11日にアメリカで起きた大惨事を受けて社会に目を向けるようになり、静かな書斎生活は幻に終わった。

現在は、世界平和アピール七人委員会メンバー、持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)顧問など。

主な著書

『哲学のしずく』河出書房新社 1997
『魔女が語るグリム童話 正続』洋泉社1998 のち宝島社文庫 
『子どもにはまだ早いグリム童話』光文社カッパブックス1999
『世界がもし100人の村だったら』マガジンハウス2001
『花ものがたり』毎日新聞社2002 
『世界がもし100人の村だったら2』マガジンハウス2002
『世界がもし100人の村だったら3 たべもの編』マガジンハウス2004
『11の約束 えほん教育基本法』伊藤美好共著 ほるぷ出版2005
『世界がもし100人の村だったら4 子ども編』マガジンハウス2006  
『黙っていられない 〈いのち〉と〈平和〉を考える18通の往復書簡』鎌田實共著 マガジンハウス2007
『世界がもし100人の村だったら 完結編』マガジンハウス2008 

主な訳書 1

『出会い』ベラ・シャガール著 都市出版社1972 のち『空飛ぶベラ マルク・シャガールとの出会い』柏書房1994
『写真と芸術 接触・影響・成果』シュテルツァー著 福井信雄共訳 フィルムアート社1974
『少年少女世界の文学10 グリム童話集』(井上洋介絵)暁教育図書1978
『アルプスの少女』スピリ著 小学館1982 のち講談社少年少女世界文学館161987 講談社青い鳥文庫(いわさきちひろ絵)2005
『くるみ割り人形』ホフマン著 小学館1983
「ライン河と粉ひきラートラウフの物語」ブレンターノ著 『ドイツ・ロマン派全集第4巻』所収 国書刊行会1984
『グリム童話集 1~4』講談社青い鳥文庫1985
『夢の王国 夢解釈の四千年』ポングラチュ、ザントナー共著 種村季弘、岡部仁、土合文夫共著 河出書房新社1987 のち『夢占い事典』河出文庫1994
『パブロ・カザルス 鳥の歌』ウェッバー編 筑摩書房1989 のち文庫1996
『ユーゲントシュティール絵画史 ヨーロッパのアール・ヌーヴォー』ホーフシュテッター著 種村季弘共訳 河出書房新社1990
『左ききの女』ハントケ著 同学社1990
「少年の魔法の角笛(抄)」ブレンターノ、アルニム共著 矢川澄子共訳 「ハンガリー綺譚」「カスペルとアンネル」ブレンターノ著『ドイツ・ロマン派全集第14巻』所収 国書刊行会1990
『シルクロードの民話3 ウズベク』浅岡康子共訳 ぎょうせい1990
『伝記モーツァルト その奇跡の生涯』ハーマン著 偕成社1991
『悪魔のほくろ ヨーロッパの現代伝説』ブレードニヒ編 真田健司共訳 白水社1992 のちUブックス2003
『ジャンボジェットのネズミ ヨーロッパの現代伝説』ブレードニヒ編 鈴木仁子共訳 白水社1993
『一つよけいなおとぎ話 グリム神話の解体』エリス著 薩摩竜郎共訳 新曜社1993
『大人のためのグリム童話』ヤーノシュ著 宝島社1994 のち文庫1999
『猫たちの聖夜』ピリンチ著 早川書房1994 のち文庫1997
『猫たちの森』ピリンチ著 早川書房1996(第1回日独翻訳賞受賞)
『盗賊の森の一夜 メルヒェン集』ハウフ著 岩波文庫1998
『三文オペラに恋して』ファインスタイン著 晶文社1998
『あなたが知らなかったギリシア神話』ケールマイアー著 河出書房新社1999
『夢奇譚』シュニッツラー 文春文庫1999

主な訳書 2

『少年の魔法のつのぶえ ドイツのわらべうた』ブレンターノ、アルニム共著 矢川澄子共訳 岩波少年文庫2000
『完訳クラシック グリム童話 1~5』講談社2000 のち文芸文庫1~32008
『夜と霧 新版』フランクル著 みすず書房2002
『やさしいことばで日本国憲法 forpeace-loving people 新訳条文+英文憲法+憲法全文』マガジンハウス2002ヨースタイン・ゴルデルの作品 日本放送出版協会
『ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙』1995  のち普及版上下1997
『アドヴェント・カレンダー 24日間の不思議な旅』1996
『ハロー?』日本放送出版協会1997
『鏡の中、神秘の国へ』1997
『フローリアの「告白」』1998『マヤ』2005エーリヒ・ケストナーの作品 岩波書店
『動物会議』1999
『エーミールと探偵たち』少年文庫2000
『エーミールと三人のふたご』少年文庫2000
『点子ちゃんとアントン』少年文庫2000 
『ふたりのロッテ』少年文庫2006
『飛ぶ教室』少年文庫2006「こちらB組探偵団」シリーズ ボルフ著 偕成社
『2ペンス切手のゆくえ』1990
『虎よ、にげろ』1990
『ようこそ、幽霊くん』1991「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズ ハヤカワ文庫1995~2002 

主な翻訳絵本
『おしろレストラン』バウマン 文化出版局1982「ミルテの木の妖精」ブレンターノ 『母と子の世界のメルヘン17』所収 講談社1984
『ブレーメンのおんがくたい』スズキコージ ミキハウス1987
『おはなし絵本館 おおかみと七ひきの子やぎ 金のがちょう』グリム兄弟 講談社1989
『ヴァレンカのちいさな家』ワッツ ほるぷ出版 1992
『雨のぼうやフロリーノ』ハウプト ほるぷ出版 1992
『ダンスのすきな悪魔』ポコルニー 宝島社1994
『まるさんかくしかく かたちあそびのほん』パツォウスカー ほるぷ出版1995
『ともだち』ハイネ ほるぷ出版1996『みんなぼくのもの!』モースト 西村書店1998『こわがりトミー』バウムガート 西村書店1998
『こうもりくん』ヴァーゲナー 徳間書店1998
『ローラのクリスマス』バウムガート 西村書店1998
『ペローの青ひげ』バトゥー 講談社2001
『ペローの赤ずきん』バトゥー 講談社2001
『すべての子どもたちのために 子どもの権利条約』キャッスル ほるぷ出版2003
『カーリンヒェンのおうちはどこ?』フックスフーバー 一声社2004

主な訳書 3

リスベート・ツヴェルガーの絵本作品『ばらになった王子』ブレンターノ 富山房1983
『グリム あかずきん』富山房1983
『グリム 七わのからす』富山房1985
『白鳥の湖』チャイコフスキー ノルドズッド・ジャパン2003 のちブロンズ新社2009
『くるみ割り人形』ホフマン BL出版2005
『ブレーメンの音楽隊』グリム兄弟 BL出版2007

livedoor Blog 最新記事

Loading...