自己紹介

Author:キネコ ようこそ、付録部 blog-buへ。 当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。 管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆中のフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。 ■リンクフリーです。 ■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。 ■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。 ■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

付録部 blog-bu

フレンド

フレンド:
4人
  • mastl017
  • mastl002
  • imagine59
  • mastl013
お気に入り:
0人
ファン:
15人

もっと見る

利用サービスの購読

livedoor Blog 最新記事

付録部 blog-bu

ウェス・アンダーソン最新作『犬ヶ島』は、日本が舞台のファンタスティックなコマ撮りアニメ(2017.09.28 20:40)

『グランド・ブダペスト・ホテル』などの作品で知られ、独特の映像世界がファンを惹きつけてやまないウェス・アンダーソン監督の最新作は、アニメーションとしては『ファンタスティック Mr.FOX』に次いで2作品目と...

暗黒の異常性愛パノラマ、超カルト映画『恐怖奇形人間』国内初ソフト化決定!(2017.08.05 00:15)

 カルト映画界の雄として知られる故・石井輝男が、江戸川乱歩の『孤島の鬼』をベースに乱歩世界をコラージュした『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』。  東映配給による“異常性愛路線”の第一弾として1969年に封切...

“東ドイツのヴォーグ”と呼ばれた女性ファッション誌『ズィビレ』の表紙コレクション(2016.12.14 00:15)

 ドイツ民主共和国、通称:東ドイツといえば、もちろん第二次世界大戦後に樹立された社会主義国家のことです。  いわゆるベルリンの壁により分断されたドイツは東西に2つの共和国が並び立つこととなりましたが、...

ジェンとキーラが帰ってくる! 映画『ダーククリスタル』の続編がコミックブックとしてシリーズ刊行決定(2016.12.12 00:15)

 1983年に公開された映画『ダーククリスタル』は、ジム・ヘンソンとフランク・オズが作りあげたファンタジー叙事詩。キャラクターの全てをマペットとアニマトロニクスで表現した唯一無二の世界観は、80年代のファ...

生命のシステムを再現したオートマタ職人、ヴォーカンソンの『消化するアヒル』(2016.12.10 00:15)

 18世紀フランスの発明家で、稀代のオートマタ職人として知られるジャック・ド・ヴォーカンソンが制作し、“ヴォーカンソンのアヒル”、あるいは“消化するアヒル”として知られるオートマタのレプリカをご紹介し...

幻想的なまでに不気味。廃墟となった『マネキン博物館』の頽廃的写真集(2016.12.09 00:15)

 廃墟好きで人形好き、そんな人なら必ず足を踏み入れたくなる廃棄された博物館の写真が気味悪くて素敵です。  なんというか、そのままホラー映画のロケができそうですが、これはアメリカ人アーティストのアリスト...

まさに宝の山。ピーター・ジャクソン監督の映画プロップ・コレクションを探訪(2016.11.18 21:15)

 映画『ブレインデッド』や『ロード・オブ・ザ・リング』三部作で知られるピーター・ジャクソン監督は、映画プロップの偉大なコレクターとしても有名です。  そんな彼のコレクションルームを、友人でもある特殊効...

ユーモアと不条理。ポール・スプーナーによるアイロニカルなオートマタ(2016.11.17 21:15)

 イギリスに生を受け、歯車やクランク、カム構造などによるシンプルな動作を追求した機械人形(オートマタ)を制作しているのは、機械工兼アーティストのポール・スプーナー氏。  彼の生み出す木彫を中心としたオ...

古き良きホラー映画の古典がカラーで蘇る。カラーライズされたユニバーサルモンスターの世界(2016.11.04 00:15)

 いやはや、昔のホラー映画ってどうしてこう魅力的なグラフィックばかりなんでしょうね。今やモノクロ映像を自動でカラーライズできる時代ですが、やはり発色には限界がありまして、人の行う彩色にはかないません...

19世紀後半のパリを彩った伝説のアングラ劇場『フォリー・ベルジェール』のポスターが素敵(2016.10.01 00:15)

 1869年の開業以来、マネやロートレックの画題になるなどベル・エポック華やかなりし時代に人々から愛され、現在も営業を続けるミュージック・ホール『フォリー・ベルジェール』。  19世紀後半に描かれた、フォリ...